ちょこっとミニマル

生活に付随する色々なことを、ちょこっとずつミニマルに。

【考察】衣類の選別

断捨離したい№1は衣類かなと思います。

実際、私がそうでした。

着てない服が大半を占めつつも、手放す勇気がなく。

一番の理由は『高かったし』という気持ちからでした。

 

例えば、ジョンスメドレー。

ヴィヴィアンウエストウッド。

セレクトショップで購入した、店員さんオススメの一枚とか。

 その他もろもろ…。

 

塵も積もって結構大きな山となりました。

収納スペースが雪崩をおこしそうになることもしばしば。

で、その対応策として最初にしたのが、圧縮袋に詰め込むという作業でした。

大きくなった山は、袋タイプじゃ納まりきれず。

なので、収納ケース内にが圧縮袋が入っている画期的な商品を見つけ、喜び勇んで購入。

 

入れては圧縮。そして積み上げる。

そこに入れる衣類は、何年も着てないものばかり。

 

一年経ち、二年経ち…。

久しぶりに開けて見ても、気分も気持ちもときめきません。

むしろ、『これ、どうにかならんかな…』と、どんより停滞。

 

そんな状態がしばらく続き、これ以上時間が経っても着ないだろうという結論に。

やっと決心がつきました。

 

それでも着ない衣類全部を手放せず。

迷って悩んで、段ボール2箱分のみリサイクルショップへ。

 

当然ながら、購入した金額の足元にも及ばない査定結果。

捨てるよりはいいか。

そう思い、なんとか納得。

 

ですが、躊躇していた物も、手放してしまうと案外平気だったことに驚きました。

 物理的に距離をとり、手の届かない所にやってしまうと、サッパリした心境に。

 

ずっと袖を通していなかった衣類。

あっても無くても、さほど変わらないなという事に気付きました。

 

そこから紆余曲折しながら、買っては処分、買っては後悔を繰り返し、断捨離という言葉にたどり着きました。

 

本で読んで、ブログで読んで。

なるほど~と分かったつもりでも、それを自分に引用する難しさ。

部屋中に、持っている衣類を広げて『片付け祭り』を催すも、リオのカーニバル状態で収集がつかなくなることも多々…。

 

400着は超えていたであろう衣類も、今は二桁台まで減らすことが出来ました。

f:id:chococo43:20170728154535j:plain

私の夏のスタメン。

シャツタイプが好きです。

仕事の時も休日の時も。

真冬以外は基本シャツ・ブラウス派。

 

気に入ったもの、前までは大切にしまい込んでいました。

着用というか、鑑賞用。

 

たくさん処分して、衣類の目的は今を着る為にある、ということ学びました。

今は惜しまず、たくさん着ます。

気に入った洋服を着ていると、気分も上がるし、なによりときめく。

そして、購買意欲も低下。

おかげで余計な出費も抑えることが出来ました。

 

私の衣類所持数、ミニマリスト界の中では、まだまだ多すぎる領域。

 

自分らしい取捨選択をしながら、人と比べず、少しずつ衣類ミニマル化を推進していこうと思っています。

 

 

よろしくお願いいたします(^^ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ  にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ